魔物の贄3 〜貢物となった町娘達〜

魔物の贄3 〜貢物となった町娘達〜 CG

2024年7月6日発売、サークル「ろくまる荘」制作の「魔物の贄3 〜貢物となった町娘達〜」の最新ダウンロード情報です。

作品の内容

魔物の贄3 〜貢物となった町娘達〜
魔物の贄3 〜貢物となった町娘達〜
魔物の贄3 〜貢物となった町娘達〜
魔物の贄3 〜貢物となった町娘達〜
魔物の贄3 〜貢物となった町娘達〜
魔物の贄3 〜貢物となった町娘達〜
魔物の贄3 〜貢物となった町娘達〜
魔物の贄3 〜貢物となった町娘達〜
魔物の贄3 〜貢物となった町娘達〜
魔物の贄3 〜貢物となった町娘達〜

作品の説明

▼あらすじ

産業が見つかり発展をはじめたばかりの郊外の町、ギルドも新設されたことで人流も生まれ町の未来に住人たちは活気ずく

だがそれは時に招かれざるものまで迎えることになる。
その女は町に溶け込んでいた。過去に魔物の仔を何度も生みだした墜ちた人間。

女は言った。「すべての女の子を幸せにしたいの」

ある日の夜…町には火が放たれ醜悪な魔物どもがなだれ込んでくる―

======================

▼「魔物の贄」シリーズ最新作

ファンタジー×ダーク×エロ!
3作目となる今作はシリーズの集大成となる最大のボリュームとH度も過去最高でお送りします。

最新作では町娘に主眼を置いて、町への襲撃・略奪・占領を描き、さらに魔物との繁殖(妊娠出産)を濃密に描きます。

平和だった町が、魔物の襲撃を受け一夜にして破壊され占領され、連れ去られた後は繫殖雌として開発されていくという
町娘たちにとっては絶望しかない薄暗い巣の中で、もっとも忌むべき魔物との生殖・繁殖行為に至上の快楽を見出し、堕ちていく…
娘達が淫らに変貌していく様をお楽しみ下さい。

※注意
作品のテーマ及び展開上、一部ですが物語前半に多少の暴力表現がございます。苦手な方はご注意ください。

○ストーリー性の高いCG+ノベル形式 カットインも多数
○基本CG100枚超&本編合計300枚超の大ボリューム
◯セリフ無しイラストのみverも収録


◆制作
サークル:ろくまる荘
ツイッター : @Sanrokumaru69


※現在のパッケージ画像や本編の内容は、
仮のものとなります。

今後作品の完成次第、このページのあらすじ・サンプル等
アップデートする予定です。
ぜひお気に入りに追加してお待ちください。

作品の詳細情報

配信開始日2024/07/06 00:00
利用期限無期限
ファイル容量216MB
ページ数画像353枚
シリーズ魔物の贄
題材オリジナル
タグファンタジー 処女 巨乳 乱交 寝取り・寝取られ・NTR 中出し 男性向け 成人向け 独占 妊娠・孕ませ 出産 敗北 体格差 新作

コメント

  1. うさみみ

    エロくて面白かった。けれど…

    前作が凄く好きだったシリーズですので予告見つけたときから楽しみにしていました。
    前作ヒロインたちのその後を少し見せてから、黒幕と魔物たちによる一つの街の蹂躙と
    その町の住民女性たちの悲劇的な後日談が語られています。

    物語は非常に読みごたえがあって面白く、作者さまの画力の高さもあって
    それを見事に見せつけてくれて大変エロくて最高です。
    それぞれにバックボーンを持つヒロインたちが、様々な種類の魔物に犯れる姿が描かれ
    異種間好きとして大変満足できました。
    作画枚数も豊富で贅沢に使われていて読みごたえも凄かったですし、
    魔物たちの性質なんかも設定の練りこみが感じられて好感を持てました。

    ただちょっと前作までと比べると、使い辛いなという印象を受けてしまいました。
    ヒロインの人数が増えて、それぞれに複数シーンあるために、一つ一つのシーンがどうしても短くなっちゃってる。
    あと物語的な見せ方を意識してか、エロ作品としてはもっと見たいところで
    シーン切ってるところが多いようにも感じられました。
    私はその行為で種が付くシーンで抜くのが一番好きなのですが、
    本作は意外にそう推定できるシーンが少ないので同好の方はご注意ください。
    ゴブリンを産むヒロインたちが、ゴブリンに囲まれたところでフェイドアウトとか
    序盤でA種族にヤラれたヒロインが、後半でB種族に堕ちてボテ腹登場
    (B種族による種付け場面無し)とか、見たいところ躱されてる感が凄いw
    物語として作品全体を見れば相当好きなんですけどね、本作は。
    いざ使おう、となるとマウスが滑るw

    まぁでも沢山幸せそうな妊婦さんが見られたのは満足度の高い点でしたw
    裸の妊婦さん一列に並べてのインタビューとか、実に素晴らしい。
    快楽を伴う出産シーンや、生まれた子に乳を食ませて母性が目覚めるヒロインなんかも実に好みです。
    ヒロインたち妊娠後のシーンとしては、個人的にはボテえっちよりこういうののほうが好みです。
    ボテ腹えっちは意外に短く少ないです。

  2. 石川哲

    エロ6割

    街の若い女が魔物に成す術無く蹂躙される様は展開としてエロい!
    だがろくまる荘作品の特徴として、起きている出来事を俯瞰で見る形なので、キャラの心境が語られず、レプされながら何を思っているのか等が描かれていればもっとエロかったと思います、淡々と語られるだけになっているので正直物足りない。
    前作魔物の贄2ではもう少し語られていただけに残念でしょうがない展開でした。
    何においてもセリフの少なさ、人が多い分しょうがないだろうが、少なくともメイン二人が堕ちる部分を丁寧に描いてほしかった。
    只これはあくまで展開の不満なので、エロさとしては十分シコれます!

  3. 松岡禎丞

    どんどん規模の大きくなる魔物達の宴

    魔物達に蹂躙される異種姦作品の3作目
    今作も前2作と世界観を共有しており、冒頭に少しだけですが前作のヒロイン3人も登場します(1作目のヒロインは直接は登場しませんがとある回想の背景に前作で描かれた救出後の様子のシーンが使われてます)

    しかし・・・1作目:ソロ冒険者2作目:女3男1のパーティときて今度は町1つ丸ごとと魔物達のやることの規模がどんどん大きくなりますね・・・
    今作の主なヒロインは表紙にもなってるギルドの眼鏡受付嬢さん、冒険者のエルフとロリ猫獣人のコンビ、領主のワガママ娘とその取り巻き2人の計6名
    他にも2作目同様多数のモブヒロインがいますが皆1カットのみとかでさらっと流される感じ
    個人的に花屋の娘さんはしっかり描いてほしかった・・・

    基本的な内容に関しては前2作が好きな方なら問題ないかと思います
    あとはヒロインのデザインが好みかどうかで判断されると良いでしょう
    シリーズ3作目のレビューにあらためて書くようなことでもない気はしますがオール異種姦なので異種姦が嫌い・苦手という人にはオススメしません

    今作で魔物達の快進撃に黒幕がいることが明かされ、その黒幕の手により堕ちた女性達がさらに被害を拡大していくという構図が明かされましたので国1つ滅ぶぐらいまでは続きそうな雰囲気
    前作ヒロインも冒頭でその真実を知ることとなり一瞬正気に返りかけますが、オークチ〇コを目の前にするとあっさりと忘れて行為に耽る始末でこの事実が人類に伝わることはないのでしょう。

    前作のレビューにも書きましたが
    救出されたものの精神が崩壊してしまったのか、しかも魔物達は人間、エルフ、獣人といったヒト種の女性を苗床として繁殖するという事実を隠蔽するため軟禁状態で病院のベッドでただただ虚空を見つめる1作目ヒロインのエルフさんと
    救出されず現在進行形で魔物達の苗床として日々快楽に耽り(精神が壊れている本人達的には)幸せな日々を過ごしている2作目ヒロイン達
    果たして幸せなのはどちらなのか・・・